愛犬と楽しく生活するために変形性膝関節症にならないように

2013-07-31

犬と生活をするということは、飼い主も健康でいなければいけないということです。
ペットとして飼う以上、飼い主とその生活を共有していくことになるわけですから、散歩などが必要な犬種の場合、一緒に歩いたりしてあげなければいけないわけです。

そのためには、健康を管理していくということが、犬の健康とも関連してくるということになるのです。
特に歩くことの多い中型件以上になってくると、引っ張る力も強かったりしますので、飼い主の方でもそれなりに力がなければいけません。

とても言うことを聞く犬だったとしても、何か犬にとって気に障ることがあった場合、突然走り出すことだってあります。
そのために、変形性膝関節症などにならないようにしていくことも、重要なことになるのです。

膝の関節がつぶれてしまったり、変形してしまったりしてしまうことによって、強い痛みを感じて歩けなくなってしまうこともあります。
ひどい場合には歩行もできなくなることがありますし、保護区などの装着も必要になってきます。変形性膝関節症の怖い所です。

原因がわからないこともあるのですが、肥満や加齢によってなることもわかっています。
常に膝に負担がかからないような生活を心がけることも大切ですし、体重の増加などにも気を付けることが重要なのです。

愛犬との生活はとても楽しいことです。
そのためには、両者が健康でいられるようにすることも、重要なこととして考えなければいけないのです。