子育てには最高な田舎暮らし。そして犬にとってもうれしい環境。

2013-07-07

私田舎生まれ、田舎育ちです。
人口は10万にも満たず、都会からも離れている分かりやすい田舎町です。
家の周りには田んぼと山が殆どで、住宅街がポツポツとあり飲食店やスーパーなどは
道路沿いに集まっています。

以前は自分の田舎があまり好きではありませんでした。
大学進学時に田舎から出ていたのもあると思います。
やはり都会は魅力的なお店が多いのです。買い物をするところ、美味しいご飯を食べるところ。
目を惹かれるものがとても多い。
ずっとこんなところで暮らしたい、そう思いました。

しかし結婚で状況は変わりました。
主人の転勤で、偶然にも私の実家近くの土地に引っ越すことになりました。つまりは田舎暮らしです。それほど住宅街があるわけではありませんが田舎暮らし物件情報を頼りに移住。
そして転勤先で子供が産まれ、その土地で子育てをすることになりました。
だんだん大きくなっていくわが子を育てていると、もし転勤前に住んでいた場所で
育てられただろうかと思うようになりました。

まず、田舎は車社会です。車がないと買い物にも行けません。
ですが小さな子供がいても、車があればどこにも行けます。
また、子供が遊ぶ場所があるのも嬉しいです。
都会では外で遊ぶ子供をあまり見かけたことがありません。
公園でもあまり見かけず、道路も車の通りが多いので遊べないようです。

しかし田舎は土地はあるので、子供が遊ぶ場所がたくさんあるのです。
若い世代には物足りないかもしれませんが、子育て世代には田舎暮らしはアリだと思います。

そして我が家の家族の一員でもある犬にとっても、この田舎の環境は最高なのではないでしょうか。
思いっきり駆け回りたくてもそんな場所は都会にありません。それがここにはあります。
毎日子どもと無邪気に走り回る姿をみると、田舎暮らしはいいなと思います。