飼い主がかわるとき

2012-11-04

最近はペットブームですから、
多くの人がペットを飼っているものです。
犬や猫といった定番のペットはもちろん、
熱帯魚、鳥、うさぎといったもの、
さらには、昆虫、は虫類、動物園でも見ない様な
変わったペットまで
飼っていることもあります。

珍しいペットほど飼うことは
難しくなるでしょう。
相続を群馬で行った場合などに、
ペットが残されてしまうこともあるものです。
基本的には親族などに引き取られるケースが多いものですが、
数が多かったり、珍しい生き物だった場合には、
その扱いに悩んでしまうことも多いものです。

そういった場合、詳しい専門家などに
相談することもありますが、
生き物を飼う以上、
自分で最期までお世話をするということが
前提になります。
ほとんどの動物が人間よりも
寿命が短いわけですから、
自分がペットのお世話をしきれなくなったと感じるのであれば、
早い段階でペットの今後を考えておく必要があるでしょう。
ペットロスは場合によっては非常につらいものですが、
それはペットだって同じはずです。

飼い主が先に亡くなってしまう悲しさを経験させないためにも、
人間がしっかりと責任を持ってペットを飼うことが重要です。
もちろん、やむをえない場合で誰かに飼育をゆだねることもあります。
実際そういった経緯で、ボランティア団体などに飼育されているペットも
少なくないのが現状なのです。