愛犬と過ごす田舎暮らし

2012-09-27

犬と暮らすということは、通常の生活とは違った悩みを抱えることになります。

それは犬という動物であるということです。

人間とは違い、いくら家族同然といえども、他の人から見れば、犬以外の何物でもなく、

鳴き声やにおいなどが不快に感じることがあるということです。

こういったことは、かわいいとかで済まされることではなく、

周囲との関係を険悪にする要因ともなるわけです。

こういった事が原因で、住み続けることが困難になることも良くあるわけです。

 

そこで田舎暮らしをすることも、

愛犬と末長く済むためには必要なことになってきます。

一軒家などを借りたり購入したりする場合に、

都心部と田舎では価格に大きな差があります。

賃貸住宅などにする場合でも、都会と田舎では大きな違いがあります。

それは周囲の理解です。

田舎では、都会に比べ犬などに対する理解は、格段に高いと言えます。

さらに、ペット飼育可能の住宅も多くあります。

単純に防音になっているところから、

珪藻土などを壁材に利用してペットに配慮された住宅まであるのです。

 

住宅1件に対する希望人数が都会に比べて低い田舎では、

こういったサービスが色々とあるのも特徴なのです。

こういった設備があるところでも、都会に比べたらとても

安価で暮らすことができるのが田舎暮らしの利点でもあるのです。